不動産登記・相続なら釧路市の司法書士事務所 初回相談無料

0154-42-7185

平日 9時〜18時まで(土・日・祝日休み)
お問合せは お電話メール にて

土地の表示に関する登記

所有権保存登記 1

不動産を取得して初めて行う登記のことで、一般的には建物を新築した時などに行います。所有権保存の登記を行わないと、不動産取得をするためにローンを組んでも抵当権の設定をすることができません。また、不動産を転売するときに所有権の移転登記ができなくなります。

所有権保存登記 2

不動産を取得して初めて行う登記のことで、一般的には建物を新築した時などに行います。所有権保存の登記を行わないと、不動産取得をするためにローンを組んでも抵当権の設定をすることができません。また、不動産を転売するときに所有権の移転登記ができなくなります。

所有権保存登記 3

不動産を取得して初めて行う登記のことで、一般的には建物を新築した時などに行います。所有権保存の登記を行わないと、不動産取得をするためにローンを組んでも抵当権の設定をすることができません。また、不動産を転売するときに所有権の移転登記ができなくなります。